株式会社ラベルバンク

食品表示コンサルティング

Covering increasingly complex regulatory needs
in a comprehensive way

原材料及び添加物の適合性検証
容器包装への表示案の適合性検証
配合表等の規格書をもとに、原材料及び添加物の国内または海外各国における使用基準との適合性を検証します。
また原材料名やアレルゲン、栄養成分等の表示案と表示基準との適合性を検証します。

食品表示コンサルティングとは?

食品表示が適切であるためには、使用される原材料と含まれる成分が適切であることが求められます。
しかし近年では原材料や食品は多様化され、これに伴い関連規則もまた多様化されています。
そのため原材料や表示が適切であるかどうかを確認することは、複雑で難しいものになりつつあります。

ラベルバンクは、それぞれの原材料や食品にあった適合性検証の業務を通じて、
食品を製造販売する方々が適切な食品表示を実現しやすい環境づくりを目指しています。

食品表示コンサルティング

原材料調査
To an appropriate formulation

原材料及び添加物の適合性検証

配合表等の規格書をもとに、原材料及び添加物の国内または海外各国における使用基準(使用できる食品及び使用量の限度、使用制限等)との適合性をチェックします。

- 原材料リサーチ
- 強調表示リサーチ
- 規格書作成 他

食品の分類名によって、様々な添加物(または原材料等)の使用基準が規定されています。
主に日本国内への輸入食品や、海外各国への輸出食品の場合に必要となるチェック業務です。

原材料調査

食品表示調査
To the appropriate labeling

原材料調査

容器包装への表示案の適合性検証

配合表等の規格書をもとに、作成された食品表示案(原材料名やアレルゲン、栄養成分等)と国内または海外各国における表示基準(表示事項、表示方法、表示禁止事項等)との適合性をチェックします。

- 食品表示チェック
- 食品表示作成
- 規格書翻訳 他

食品の分類名によって、様々な表示基準(表示事項・表示方法・表示禁止事項等)が規定されています。
食品表示作成は、国内海外を問わず容器包装に入れて販売する食品において必要となる業務です。

必要となる確認業務は流通形態によって異なりますので、詳細は下記よりご参照ください。